後遺障害認定のメリット

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

大変な手続きをしてまで後遺障害認定を受けることにはそれだけのメリットがあります。普通事故の被害者になった場合、治療費や慰謝料、仕事に行けなかった分の給与の埋め合わせなどが支払われるわけですが、後遺障害認定を受けた場合は後遺障害慰謝料の請求や後遺障害逸失利益の請求なども可能になってきます

電卓同じ慰謝料でも単なる通院や入院の慰謝料とは別ものとして後遺障害慰謝料というものが設定されています。もちろん被害者側の言い値で慰謝料が決まるわけではないので、基準となる金額が存在してます。一方の後遺障害逸失利益に関しては交通事故によって以前のように仕事ができなくなってしまった場合などに失ってしまった収入などを埋め合わせるために存在しています。

普通交通事故でケガをした場合、慰謝料などの保険金は示談が済んでから支払われるものです。しかし後遺障害認定を受けられると示談がまだ完了していない段階でも保険金を受け取ることが可能になります。被害者の今現在の生活費用や弁護士費用などに困っている被害者の方もいるはずですので、後遺障害認定を受けて後遺障害慰謝料や後遺障害逸失利益を受け取ることは非常に大きな助けとなるはずです。