弁護士に頼むメリット

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

弁護士後遺障害の被害者請求は被害者当人が頑張って申請するということもできますが、それよりも現実的なのは弁護士に申請を依頼するという方法です。弁護士に頼むと聞くと弁護士費用が心配だという方が多いと思いますが、それを差し引いても弁護士に頼むことにはメリットがあります。

まず一番大きいのは精神的な安心感です。事故やケガによって体調もメンタルも不安定なときに大変な手続きや資料集めをするのは容易ではないはずです。弁護士に依頼することによって手続きを任せられますし、専門的な知識を有している味方がいるというのは非常に心強いものです。

また請求する保険金の額というのは各団体の基準によって大きく違ってきます。仮に後遺障害等級10級と判断された場合自賠責基準だと460万円程度、任意保険基準だと860万円、弁護士基準だとなんと3000万円以上とかなりの差が生じてきます。つまり簡単に言うと弁護士に依頼することによって最終的に受け取れる保険金の額がかなり上がる可能性があるということです。そうであれば弁護士費用を払ったとしても金額的にもプラスになりますし、先ほど述べたように手続き上の手間や精神的な部分でもメリットがあります。後遺障害認定に関してはぜひ交通事故関連に強い弁護士に依頼しましょう。