交通事故の後遺症

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

交通事故不幸なことに突然交通事故に巻き込まれてしまう被害者というのは日々後を断ちません。さらに不幸なことにそうした事故によって後々まで残る後遺症に悩まされる人も少なくありません。交通事故で生じてしまった後遺症に関しては正式に申請、認定を受けて「後遺障害」となれば慰謝料や損害賠償の面で多大なメリットがあります。この後遺障害が認められるまでにはある程度のプロセスが関係してきます。

まずは一定期間治療が進み、それでも治らない場合に後遺症となり、そして地場移籍に対して申請をして認められてはじめて後遺障害となるのです。そして後遺障害は内容によってかなり細かく分かれていて、後遺障害等級というものは1級から14級まで分かれています。1級と2級に関しては要介護とそうでない場合とにそれぞれ分かれるので、それも合わせると後遺障害等級は16のレベルに分かれているということになります。

た後遺障害等級認定を申請する場合、加害者側の保険会社に代行してもらう「事前認定」という方法と、被害者の側が自分で申請する「被害者請求」の二種類があることも覚えておきましょう。ご想像のとおり相手方の保険会社がやる事前認定ではこちらのためにどこまでやってくれるのかという疑問が残ります。より上位の等級認定を目指すためにはやはり被害者請求で申請をしたほうが良いと考えられます。ときに交通事故による障害は脳に影響するものもあるので、きちんと認定を受けることは大事です。