弁護士に頼むメリット

弁護士後遺障害の被害者請求は被害者当人が頑張って申請するということもできますが、それよりも現実的なのは弁護士に申請を依頼するという方法です。弁護士に頼むと聞くと弁護士費用が心配だという方が多いと思いますが、それを差し引いても弁護士に頼むことにはメリットがあります。

まず一番大きいのは精神的な安心感です。事故やケガによって体調もメンタルも不安定なときに大変な手続きや資料集めをするのは容易ではないはずです。弁護士に依頼することによって手続きを任せられますし、専門的な知識を有している味方がいるというのは非常に心強いものです。

また請求する保険金の額というのは各団体の基準によって大きく違ってきます。仮に後遺障害等級10級と判断された場合自賠責基準だと460万円程度、任意保険基準だと860万円、弁護士基準だとなんと3000万円以上とかなりの差が生じてきます。つまり簡単に言うと弁護士に依頼することによって最終的に受け取れる保険金の額がかなり上がる可能性があるということです。そうであれば弁護士費用を払ったとしても金額的にもプラスになりますし、先ほど述べたように手続き上の手間や精神的な部分でもメリットがあります。後遺障害認定に関してはぜひ交通事故関連に強い弁護士に依頼しましょう。

後遺障害認定のメリット

大変な手続きをしてまで後遺障害認定を受けることにはそれだけのメリットがあります。普通事故の被害者になった場合、治療費や慰謝料、仕事に行けなかった分の給与の埋め合わせなどが支払われるわけですが、後遺障害認定を受けた場合は後遺障害慰謝料の請求や後遺障害逸失利益の請求なども可能になってきます

電卓同じ慰謝料でも単なる通院や入院の慰謝料とは別ものとして後遺障害慰謝料というものが設定されています。もちろん被害者側の言い値で慰謝料が決まるわけではないので、基準となる金額が存在してます。一方の後遺障害逸失利益に関しては交通事故によって以前のように仕事ができなくなってしまった場合などに失ってしまった収入などを埋め合わせるために存在しています。

普通交通事故でケガをした場合、慰謝料などの保険金は示談が済んでから支払われるものです。しかし後遺障害認定を受けられると示談がまだ完了していない段階でも保険金を受け取ることが可能になります。被害者の今現在の生活費用や弁護士費用などに困っている被害者の方もいるはずですので、後遺障害認定を受けて後遺障害慰謝料や後遺障害逸失利益を受け取ることは非常に大きな助けとなるはずです。

脳損傷の危険

傷だらけ比較的軽い交通事故でも当たり所が悪いと大事な脳に損傷をもたらしてしまうことがあります。高次脳機能障害つまり脳損傷は頭に衝撃が加わった結果身体の麻痺や視力や聴力の低下、頭痛やめまいに悩まされるなどさまざまな症状が出る可能性があります。さらには記憶力の低下や認知障害、他にも人格変化をもたらすような障害が出る可能性もあるので、本当に怖い傷害の種類だと言えます。

こうして並べてみただけでも高次脳機能障害には多くの症状が関係するため、高次脳機能障害による特定の症状が後遺障害の等級認定においてどの等級に当てはまるかを判断するのは非常に難しいことと言えます。インターネットなどで調べると大まかに判断基準を知ることはできますが、それでも個人がこうしたことを調べて正確に判断できるとは考えにくいです。

また高次脳機能障害が交通事故の直後からではなく、交通事故後少し時間が経過してから発症し始めるということも有り得ます。しかしこの場合この症状の発生と事故の因果関係を証明するのが大変なことは言うまでもありません。当然時間をかけて主治医をはじめ専門医の意見を聞きながらその因果関係を判断、証明していくことが必要になってきます。

交通事故の後遺症

交通事故不幸なことに突然交通事故に巻き込まれてしまう被害者というのは日々後を断ちません。さらに不幸なことにそうした事故によって後々まで残る後遺症に悩まされる人も少なくありません。交通事故で生じてしまった後遺症に関しては正式に申請、認定を受けて「後遺障害」となれば慰謝料や損害賠償の面で多大なメリットがあります。この後遺障害が認められるまでにはある程度のプロセスが関係してきます。

まずは一定期間治療が進み、それでも治らない場合に後遺症となり、そして地場移籍に対して申請をして認められてはじめて後遺障害となるのです。そして後遺障害は内容によってかなり細かく分かれていて、後遺障害等級というものは1級から14級まで分かれています。1級と2級に関しては要介護とそうでない場合とにそれぞれ分かれるので、それも合わせると後遺障害等級は16のレベルに分かれているということになります。

た後遺障害等級認定を申請する場合、加害者側の保険会社に代行してもらう「事前認定」という方法と、被害者の側が自分で申請する「被害者請求」の二種類があることも覚えておきましょう。ご想像のとおり相手方の保険会社がやる事前認定ではこちらのためにどこまでやってくれるのかという疑問が残ります。より上位の等級認定を目指すためにはやはり被害者請求で申請をしたほうが良いと考えられます。ときに交通事故による障害は脳に影響するものもあるので、きちんと認定を受けることは大事です。